併用住宅のメリットとは|しっかり考えて購入しましょう

間取り

新しい住宅を建てよう

一軒家

投資という意味の住宅

埼玉県で新築住宅を建築する場合にはどのようなことを知っておかなければならないでしょうか。まず、一つ目は近年住宅を購入したいという人の中には投資としての意味も込めて新築住宅を購入しようとしている人が多い傾向になります。これは、埼玉県であっても例外ではありません。では、埼玉県で新築を購入する場合の地価はどうなっているでしょうか。現在は、首都圏に人口が集中していることが問題になっています。埼玉県の南部は首都圏で不動産を持つには少し金銭的な余裕はないけども、もう少し安ければ首都圏の通勤圏内に不動産を所有することが出来るという人が多く住んでいます。そのため、県の南部は人口が増加し、地価が上がってきている傾向になります。

投資という意味では、人口が首都圏に増加する傾向にあるうちは埼玉県の南部に不動産を所有することは問題ありませんが、自然災害なども気をつけることが大事になります。新築住宅を所有するときには通勤に便利かどうか、生活に便利かどうか、価格が安いかどうかで決める人が多い傾向にあります。ですが、それに加えて自然災害についても考慮する必要があります。埼玉県の南部について見ると、関東平野の真ん中に位置しますので、標高3メートル程度の低地が続いています。これは、東京に近いほどこの傾向があり、大水などが発生した場合には床下浸水だけでなく、床上浸水する可能性も高くなります。また、関東大震災の影響も受けますので、その2点を考慮した土地・建物を選ぶべきです。