併用住宅のメリットとは|しっかり考えて購入しましょう

家

新しい住宅を建てよう

一軒家

埼玉県の南部は人口が増加している傾向がありますので、投資という観点から見ても、新築を構えるのはメリットがあります。ただ、平地ゆえに水害などの災害も考慮すると、それに耐えうる住宅であるべきことも頭に入れておく必要があります。

読んでみよう

生活の工夫をすることで

男の人

大阪の寝屋川では、持ち家が人気となっています。新築での生活は様々な工夫によって更に良くすることもできます。周囲の環境の上手く活用することも、新築での生活を楽しむ良い方法となります。また、売却の可能性も考えて地価の高い物件を選んでも良いでしょう。

読んでみよう

効率の良い副収入源

住宅

住宅ローンが利用できる

自宅住居の建物の中に賃貸用の部屋を併設する賃貸併用住宅は、賃貸ニーズの高い地域で広めの土地を所有していた人などを中心に人気が高まっています。この賃貸併用住宅が人気を集める理由は、延べ床面積に占める所有者が居住するマイホームの部分の面積が一定の割合を超えることを前提に住宅ローンを利用することができる点です。そのため、金利面での優遇や住宅ローン控除、住宅ローン減税といった優遇措置を享受しながら賃貸経営を行うことが可能となり、賃貸専用の建物を建築したり購入する場合と比べて少ないコストで不動産投資を行うことが可能になるのです。その結果、不動産投資によって副収入を得ようとする場合に、賃貸併用住宅は効率の良い副収入源となってくれるのです。

収益力が低下した時の想定

このように効率が良く高い利回りを期待しやすい賃貸併用住宅ですが、実際に賃貸併用住宅を建てることを検討する際には空室のリスクについての検討が必要です。中でも新築物件を筆頭に築年数の浅い物件ほど需要の多い日本の不動産事情を鑑みると、やがてどこかのタイミングで賃貸物件への借り手がいなくなり、収益が生まれなくなるということを見越した対策が必要になります。特に住宅ローンを組んで賃貸併用住宅を建てる場合には尚更この点についての検討が重要になります。具体的には空室のリスクは新築当初であってもいつ発生するかは分かりません。ですから、賃貸用の部屋から常に満額の賃料収入が得られる前提でローンの返済計画を立ててはいけません。また、やがてどこかで借り手はつかなくなるのですから、それまでに住宅ローンを完済し、住居を建て直すなどの次のアクションの際に必要な資金も確保した上で利益を生み出すことができるのか、という観点で実際に賃貸併用住宅を建てるのか否かを判断することが肝要なのです。

多くのメーカーがあります

部屋

名古屋市で注文住宅の建築を検討しているのであれば、まずは土地探しが重要になってきます。購入を検討しているエリアにある不動産屋に、まずは相談してみましょう。そして、土地が決まったらハウスメーカーを決めて注文住宅を建築するようにしましょう。

読んでみよう